厳かな雰囲気が参列者から高評価

和装の結婚式の最大のメリットは、なんと言っても参列者からの評価が高いことです。特に、伝統や格式を重んじる高齢者などは、本音では和装婚を好む傾向が強いです。また、若い人でも和装の結婚式への憧れが強いことから、結婚式に参列した幅広い老若男女の支持を集められるのが和装の結婚式のメリットと言えるのではないでしょうか。実際、アンケートなどでも和装婚の方が評判が良く、結婚式の後にも親族間や友人間で話題になるといいます。たしかに、和装の結婚式は衣装代や神社に支払う費用など諸々のコストが高く付きます。それでも、格式のある結婚式として評価の高い和装の結婚式は根強い人気があり、人々の憧れの対象となっているのです。

神前式をすれば折に触れて神社を訪問できる

和装の神前式をするメリットは、折に触れて挙式をした神社を訪れることができる点です。例えば、子供が生まれたらお宮参りをすることになります。そこで、結婚式を挙げた神社を訪れれば、神様との繋がりができることでしょう。その後は、七五三などでお参りに来る機会が増えていきます。もし子供がいなくても、毎年初詣で挙式をした神社を訪れ日々の健康を感謝したり、人生の出来事を神様に報告したりと機会を見つけてお参りすることができるのも魅力です。神社というのは、はるか昔からその場所に鎮座し続けています。そのため、人生の節目節目に訪れて、平和や安寧を祈願する事ができる、夫婦の心の拠り所としての機能を期待することができるのです。

結婚式を挙げるにあたっては、シーズンによって価格の違いがあることを覚えておくといいでしょう。結婚式が安いシーズンであれば、予算に対しての自由度も上げることができます。