和装にするか洋装にするか

結婚式を挙げる時、和装にするか洋装にするか迷う場合もあると思います。それぞれの特徴やメリット、デメリットを考慮して決めると失敗しないでしょう。例えば、挙式スタイルに合うかどうかを考えます。洋装の場合は、一般的には教会や結婚式場に併設されたチャペルで結婚式を挙げます。一方和装の場合は、神社や結婚式場に併設された神前式の会場などで結婚式を挙げます。

また、神父や神主を立てずに自分たちで誓いの言葉を述べる人前式の場合は、洋装と和装どちらでもよいとされています。挙げたい結婚式のスタイルや結婚式を挙げる場所、予算や準備期間などに合わせて決めると良いでしょう。結婚式の主役である花嫁の意見を取り入れることが成功のポイントのひとつでもあります。

洋装結婚式のメリットとは

洋装結婚式のメリットとしては、お色直しをする場合、和装から洋装または洋装から和装に着替えるよりも、洋装から洋装に着替える方が時間が掛からない点が挙げられます。また予算をおさえたい場合、和装より洋装の方が安くすむことが多いです。

最近では新郎新婦の母親も、着付けやヘアセットの時間、予算や動きやすさなどを考えて留袖ではなく洋装で列席する場合が多くなってきます。しかし新郎新婦が和装の場合は、親も和装を選ばざるを得ないこともあります。親の身体にできるだけ負担を掛けたくないと洋装を選ぶ方も多いですよ。

どうしても和装と洋装どちらも着たいという場合は、結婚式は洋装にして前撮りなど写真撮影は和装にする、という方法もあります。

子どもが生まれてから、または子連れの男性や女性と再婚して子ども同伴で挙げる結婚式のことをパパママ婚といいます。